« 茨木街道をあるく 道草編 (5)番田~唐崎過所浜 | トップページ | 茨木街道をあるく 唐崎段蔵 »

2013年9月12日 (木)

茨木街道をあるく 唐崎散歩

2013年9月3日
2013年9月6日

 

茨木街道に復帰して唐崎に入ります。

■芥川右岸堤防から下ります

P1260585

ちゃんと階段を付けてある。正規の街道に近いところです。

P1260587

街道に入ったところにあるお地蔵さま。鍵もかかっていないようだし、戸を開けて写せばよかった。

P1260588

どこをどう通ったのか?

P1260589

こちらはバス道に突き当たった。

P1260590

水路に沿って歩いた記憶もある。街道とは違うなあ。

P1260591

ここは正規の街道のようです。

P1260593

9月3日は、バス道に出たところで大雨に逢い、退散したのでした。バス1台をやり過ごして待機はしたのですが、雨は全然止まない。

P1260595


より大きな地図で 茨木街道 を表示


■高槻街道支線から入る
段倉(だんくら)を見に行きました。たびたび淀川の洪水の被害にあっていた地区では敷地をかさ上げして倉が建っています。段倉考については後程。
遠すぎてよく見えませんが、2m位はあるか。

P1260646

北向地蔵尊
梅田の紀伊国屋書店近く、三番街の南側にあるし、昔、住んでいた京都は伏見区竹田の散歩コースには北向山のお不動さんというのがあって、普通にみていたのでよくあるものだと思っていましたら、北向地蔵さんは珍しいんだとか。なんでも全国で400体くらいしかないのだそうです。 http://kita-ku.jugem.jp/?eid=24

P1260656

街道筋。同じところを通っているような気がする

P1260667

■バス道の南にいってみます
立派な地蔵堂。唐崎南之口地蔵堂といいます。

P1260672

R1246269

地蔵菩薩

「左手に宝珠、右手に錫杖を持って
千葉の青蓮華に安住する」御姿の
地蔵菩薩が。六道の辻に立って、地
獄に落ちかかる者の手を引いて救い
あげてくれるという信仰が印度から
中国を経て日本で盛んになったのは
平安時代のことです。
 後、日本古来の境の神、道祖神
とも結びつき、村々の境や辻に
地蔵堂が建てられ、旅行安全、
厄除け、特に子供と縁の深い御仏
として人々に親しまれるようになりました

格子の間から覗いてみましたら、眉毛濃!!どことなくアチラ風のお化粧です。

R1246268

地蔵堂の前には、これは大きな石燈篭
お花講中 昭和二年四月 と彫ってあります。これはボクの見た石燈篭で最高かもしれない。お花講というのは、花飾りで寺社に奉仕する講だと思いますが、どこの寺社へなのかは分かりません。

P1260669

唐崎神社
明治41年に三島江の三島鴨神社に若宮を合祀されましたので、正確には三島鴨神社の遥拝所となっています。鳥居がありませんね。

R1246262

バス道に戻ります。JAの角に道標がありました。
北面  (直?) 三島江 鳥飼 
     (右?) 茨木 吹田 大阪
西面  (右?) 三島江 鳥飼 味舌 柴島
     (左?) 大塚 枚方
南面   直   大塚 枚方 
     (左?) 茨木 吹田 大阪
東面  明治四十三年六月 此所三箇牧 大(阪府)

( ?)は削られて不明。上記のように補充したら、この場所では合うのではなかろうか。方角が削ってあるところを見ると、よそから持ってきたのか?パズルです。

R1246272

バス道を西に向かいます。振り向くと左手に「石田梅岩 母たね 生誕地」という新しい石標が建っていました。

R1246276

(つづく)


|

« 茨木街道をあるく 道草編 (5)番田~唐崎過所浜 | トップページ | 茨木街道をあるく 唐崎段蔵 »

散歩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

淀川」カテゴリの記事

茨木街道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨木街道をあるく 唐崎散歩:

« 茨木街道をあるく 道草編 (5)番田~唐崎過所浜 | トップページ | 茨木街道をあるく 唐崎段蔵 »